部門紹介

旭川赤十字訪問看護ステーション

旭川赤十字訪問看護ステーション

訪問看護ステーションとは

病気やけがなどで寝たきりになる心配のある方、脳卒中の後遺症などでリハビリが必要な方、在宅において医療処置が必要な方に対し、かかりつけ主治医の指示のもとにご家庭に訪問看護専門の保健師・看護師がお伺いし、さらに豊かな生活ができるように支援し、その心身の機能の維持・回復をはかることを目的とし、ご病人の方やご家族が何でも相談できるよう、その方にあわせた『看護』を提供する事業所です。

ステーションを利用できる方

  • 難病・重度障害者などの方
  • 寝たきり、又はこれに準ずる状態の方で、かかりつけ主治医が訪問看護の必要性を認めた方

訪問看護の内容

かかりつけ主治医からの「訪問看護指示書」により、医師・ご本人・ご家族と話し合いながら訪問計画を立てて、利用者の心身の機能の維持・回復をはかります。

療養相談
  • 病状の観察とその観察の仕方の指導(体温・脈拍・呼吸・血圧の測り方など)
  • 全身状態の観察と指導、医師・看護師への連絡の取り方、 受診の仕方

日常生活での看護
  • 身の回りのお世話と、お世話の仕方(清拭・洗髪・着替え・体の向きの変え方・床ずれの予防と手当)
  • 排泄のお世話の仕方(便器・尿器の使い方、おむつの当て方など)
  • お食事の作り方、食べさせ方
  • リハビリテーションの必要がある場合は、理学療法士による在宅リハビリテーションを行います。
医療的処置とご家族への指導
  • 気管切開をしている方(吸引の仕方と衛生管理)
  • 経管栄養チューブを入れている方(食事や薬の入れ方)
  • 尿道カテーテルを入れている方(衛生的な手当の仕方、採尿バッグの交換の仕方)
  • 人工肛門・人工膀胱をつけている方(パウチの貼り方、皮膚の手入れ)

介護疲れを防ぐお世話の仕方
  • 家族の協力の仕方
  • 介護用品・機械器具類の紹介やご家庭にあった使い方
  • 上手な福祉サービスの受け方など、その他どんなことでもお困りのことがありましたら、ご相談下さい。
ご自宅で、最期を迎えたい方のターミナルケア

営業日及び営業時間

月~金曜日
午前8時25分~午後5時00分

なお、土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、5月1日(創立記念日)、は休業日と致します。

緊急時の対応

  1. 訪問看護を受けている方の病状に急変がおきた時は、まずかかりつけ主治医に連絡し、その指示を受けて下さい。
  2. 利用者の方は、訪問看護師といつでも連絡がとれるように常時24時間対応を行っています。

利用料

基本利用料

厚生労働大臣が定めた額によります。

  • 介護保険をご利用の方/利用者負担額1~2割
  • 健康保険をご利用の方/訪問看護基本療養費・訪問看護管理療養費総額の算定基準により一部負担額あり

※ 訪問の都度、又は月末に徴収させていただきます。

その他の利用料

訪問時間は1回につき30分~1時間30分程となりますが、健康保険をご利用の方は、別途加算させていただくことがあります。

時間外・休日・深夜 3,000円

実費となるもの
  1. 交通費
  2. おむつ等、日常生活上必要な物品
  3. 療養上、必要な衛生材料

※保険点数の改定等により、料金が変更になる場合があります。

利用についてのご注意

  1. 毎月1回、かかりつけ主治医からの「訪問看護指示書」が必要です。
    • 利用者又は家族がかかりつけ主治医に申し出て、主治医の指示のもとに訪問看護を実施いたします。
    • かかりつけ主治医のいない方は、ステーションにご相談下さい。
  2. 訪問は赤十字の訪問看護師が行い、個人のプライバシーは守りますので、お気軽にご相談下さい。

トップへ戻る