診療科紹介

消化器内科

消化器内科

診療科の概要

当院の消化器内科は現在10名の医師で診療に当たっており、日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設、日本消化器病学会認定施設、日本肝臓学会認定施設として上下部消化管疾患・肝臓疾患・胆膵疾患など対象は消化器疾患全般に及んでおり、幅広い専門的医療を担当すると伴に、朝・夕の病棟回診も欠かさず施行し、円滑な医師・患者関係の確立とわかり易い病状説明に努めています。さらには外科・病理科・放射線科など関連する各科との密接な協力関係のもとで診療にあたっています。

主な対象疾患

消化器疾患

消化器の検査,特に内視鏡検査は辛いものと思われがちです。そこで当科では従来の経口内視鏡以外に経鼻による楽な内視鏡検査も実施しています。検査中や検査後に最新の画像ファイリングシステムにより内視鏡画像を一緒にご覧いただきながら内視鏡検査結果を直接担当医から聞いていただけるようにしています。内視鏡・X線を中心とした精密診断と早期癌に対する内視鏡治療に力をいれています。従来外科手術の対象であった食道・胃・大腸の早期癌に対する内視鏡的治療(ESD:内視鏡的粘膜下層切開剥離術)を積極的に取り入れ、患者の負担軽減に努めています。  また近年,加速する高齢化社会に伴い,経口摂取・嚥下が思うようにできず,栄養補給を点滴に頼りがちな高齢者が増加しておりますが,当科ではそのような方に対し栄養補給路としてのPEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)を導入しております。

肝疾患

肝疾患診療は肝臓専門医を中心に行っています。ウィルス性肝炎治療や食道静脈瘤の内視鏡治療(硬化療法、結紮術)、肝癌に対しては症例により外科的治療(手術)、IVR治療、経皮的治療(経皮的エタノール注入療法、ラジオ波焼灼療法)を選択し治療にあたっています。さらに進行した肝硬変、肝不全に対しては肝臓移植を視野に入れ診療を行っています。

胆膵疾患

膵・胆道癌は来院時には既にかなり進行した状態の症例が多く、膵・胆道癌の早期診断を目指し、精度の高い画像診断を行っています。総胆管結石に対する内視鏡的採石術や膵癌・胆管癌による閉塞性黄疸の減黄・ステント留置等を数多く行っています。同時に進行膵・胆道癌に対してはQOLを考慮した外来での化学療法を積極的に導入しています。

消化器内科では、次のような疾患を扱います。

食道の疾患
逆流性食道炎、食道潰瘍、食道癌、食道裂孔ヘルニアなど
胃の疾患
胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ポリープ、ヘリコバクター・ピロリ感染症、慢性胃炎、機能性ディスペプシア、胃癌など
大腸・小腸の疾患
大腸癌、腸閉塞、虫垂炎、食中毒、O-157、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、虚血性腸炎、出血性大腸炎、大腸憩室症など
肝臓の疾患
脂肪肝、急性肝炎、B型慢性肝炎、C型慢性肝炎、肝硬変、肝癌、非アルコール性脂肪性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎など
膵臓の疾患
急性膵炎、慢性膵炎、膵癌など
胆道系の疾患
胆のう結石症、胆のうポリープ、急性胆のう炎、慢性胆のう炎、胆のう癌、胆管癌、総胆管結石など

医師紹介

診療・手術実績

消化器内視鏡検査件数(2017年度)

上部内視鏡8,004件
下部内視鏡1,880件
胆膵内視鏡648件
10,532件

外来担当医一覧へ

外来担当医一覧はこちら
トップへ戻る