診療科紹介

形成外科

形成外科

診療科の概要

  旭川赤十字病院における形成外科は平成元年、平成の幕開けとともに開設され、当院では比較的新しい診療科です。現在は日本形成外科認定施設、道北唯一の日本熱傷学会認定施設として多くの症例を扱う診療科となっています。
  特に熱傷に関しては、当院はドクターヘリを有する3次救急病院として広範囲熱傷・特殊領域熱傷の治療を早くから行っており、限られた施設でしか行っていない培養表皮移植という最先端の治療も可能となっています。
  その他、当院は救命救急センターを持つ地域の病院として皮膚軟部組織損傷、顔面骨骨折、皮膚軟部腫瘍(「できもの」)、母斑(「ほくろ」、「黒あざ」)、多合指症などの先天的疾患、褥瘡やその他皮膚潰瘍、熱傷(「やけど」)、および熱傷や外傷による瘢痕(「傷あと」)、腫瘍切除や外傷による変形に対する再建外科体表のほとんどすべての機能的・審美的障害を治療の対象としています。眼瞼下垂、睫毛内反(「逆さまつげ」)など眼瞼(「まぶた」)の治療も行っています。手術は全身麻酔に限らず、粉瘤をはじめとする各種小腫瘍の切除や軽度の外傷は局所麻酔下に行っています。
  また、北海道道北地域の形成外科のある数少ない病院として、医師や看護師、助手、受付スタッフ一同、患者様にやさしく安全で質の高い医療を提供させていただくべく、励んでおります。当科では、病診連携により市内にとどまらず、道北他都市より積極的に多くの患者様をご紹介いただき、当科での治療によって回復された後は、可能な限り最後まで当科で経過を診させていただいています。

外来診療

 当院では、年末年始を除く、毎週月曜日から金曜日までの午前に外来診療を行っております。(午前受付:初診の方は8:00~11:00、再診の方は7:50~11:00)。初診の方は特に予約などは不要ですが、再診患者様のために一部予約枠を設けております。

医師紹介

診療・手術実績

手術(入院および外来)の区分別件数

2014年2015年2016年2017年2018年
(1)新鮮熱傷31973645
(2)顔面骨骨折とその外傷
(顔面・頭部)
1207981112127
(3)唇裂、口蓋裂22100
(4)先天異常61914820
(5)母斑、良性腫瘍343306299310362
(6)悪性腫瘍とその再建3129486986
(7)瘢痕、瘢痕拘縮4461443061
(8)褥瘡、難治療性潰瘍、壊疽829380149174
(9)眼瞼下垂、眼瞼内反・外反症1011006013892
(10)外傷(頭部以外)5242165668
(11)筋膜炎、骨髄炎、蜂巣炎6271502956
(12)その他3222242213
合計9068337249591104
外来担当医一覧はこちら
トップへ戻る