病院紹介

沿革・概要

沿革・概要

概要

病床数
〔520床〕
内訳
  • 一般 480床
  • 精神 40床 (休床中)
診療標榜科
〔28科〕
内科、糖尿病・内分泌内科、血液・腫瘍内科、腎臓内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、脳神経内科、精神科(休診中)、小児科、外科、消化器外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、歯科口腔外科、救急科、放射線科、リハビリテーション科、病理診断科、皮膚科
併設施設
特殊性
地域医療支援病院
救急告示病院
第二次救急指定病院・第三次救急指定病院
人間ドック(日帰りドック)
人工透析装置  30床
ICU・CCU 6床
MRI 3台、CT2台
体外衝撃波腎・尿管結石破砕装置
その他
地域災害医療センター指定
エイズ診療拠点病院
地域周産期母子医療センター指定
医師臨床研修指定病院
歯科医師臨床研修指定病院
北海道がん診療連携指定病院

ロケーション

旭川市は北海道のほぼ中央に位置し、上川盆地の中心で、大雪山連峰を水源とする石狩川が市の中央部を貫流しています。
人口36万を擁する北海道第二の都市として、北北海道の政治・経済・文化の中心都市であり、交通の要衝となっております。



沿革

1915(T4)年
10月
日本赤十字社北海道支部仮病院として札幌に開設
(診療科目)内科・外科・産婦人科 (病床数)92床 (職員)32名
救護看護婦養成所開始
1923(T12)年
11月
日本赤十字社北海道支部病院として現在地に移転
12月
小児科・耳鼻科・放射線科新設
1926(T15)年
4月
眼科新設
1938(S13)年
10月
陸軍衛生幇助病院(旭川陸軍病院赤十字病院)として傷病兵を収容
1940(S15)年
6月
日本赤十字社北海道支部旭川病院と改称
8月
陸軍衛生幇助病院解除
1941(S16)年
12月
看護婦及び看護学生寄宿舎新築
1943(S18)年
1月
「旭川赤十字病院」と改称
1945(S20)年
6月
再度陸軍衛生幇助病院(旭川陸軍病院赤十字病院)となる
12月
陸軍衛生幇助病院解除
1947(S22)年
6月
附属層雲峡診療所開設
1954(S29)年
8月
結核病棟増築
1955(S30)年
7月
精神神経科新設、精神病棟増築
1956(S31)年
9月
整形外科新設
1957(S32)年
12月
皮膚泌尿器科新設
1958(S33)年
3月
認可により「総合病院」と称する
1961(S36)年
12月
精神神経科及び小児科病棟増築
1962(S37)年
8月
皮膚科と泌尿器科が分離独立
1964(S39)年
6月
救急告示病院に指定
1966(S41)年
11月
本館新築工事竣工
1967(S42)年
9月
脳神経外科新設
1970(S45)年
4月
理学療法科新設
8月
高等看護学院並びに看護婦・看護学生寄宿舎 増改築工事竣工
1975(S50)年
5月
精神病棟増改築工事竣工
層雲峡診療所増改築工事竣工
1978(S53)年
7月
救命救急センター指定
麻酔科新設
1979(S54)年
2月
旭川赤十字病院救命救急センター運営協議会発足
5月
旭川赤十字病院医師共同住宅増改築工事竣工
1983(S58)年
5月
人工透析室開設
1986(S61)年
7月
新本館増改築工事着工
1987(S62)年
7月
新本館増改築工事1期工事(2号館・6号館)竣工
10月
新本館増改築工事2期工事(1号館)竣工
結核病床廃止
11月
呼吸器科・消化器科・循環器科・心臓血管外科・歯科口腔外科新設
1989(H元)年
6月
健診センター新設
7月
増改築工事改修工事(3号館・5号館)終了
8月
形成外科新設
1990(H2)年
2月
一般  4病棟 特3類看護承認
1991(H3)年
9月
一般  9病棟 特3類看護承認
1992(H4)年
4月
一般全12病棟 特3類看護承認
夜間看護等加算承認
1994(H6)年
8月
無菌製剤処理施設基準承認
9月
薬剤管理指導施設基準承認
10月
新看護体制  一般 2:1看護(A)加算
精神 3.5:1看護(B)加算・10:1看護補助
12月
旭川赤十字訪問看護ステーション開設
1996(H8)年
4月
エイズ診療拠点病院指定
5月
精神病棟165床2看護単位→165床3看護単位に変更
6月
新看護体制  一般 2対1看護(A)加算
精神 3対1看護(A)加算
8対1看護補助に変更
夜間勤務等看護(Ⅰ)a5棟、(Ⅰ)b7棟、(Ⅰ)c1棟
1997(H9)年
1月
地域災害医療センター指定
1997(H11)年
3月
一般631床、精神125床に変更
新看護体制  一般 2対1看護(A)加算
精神 3対1看護(A)加算
10対1看護補助に変更
夜間勤務等看護(Ⅰ)a3棟、(Ⅰ)b9棟、(Ⅰ)c1棟
旭川赤十字病院付属層雲峡診療所閉鎖
4月
神経内科新設
2000(H12)年
2月
一般床640床に増床
4月
旭川赤十字居宅介護支援事業所設置
一般病棟入院基本料Ⅰ群1・精神病棟入院基本料3
救急部新設
11月
(財)日本医療機能評価機構による
「病院機能評価(複合病院B)」の認定を受ける
2001(H13)年
10月
地域周産期母子医療センター指定
2002(H14)年
3月
科学汚染物質除染装置配備(北海道緊急テロ対策設備整備事業)
2003(H15)年
3月
旭川赤十字看護専門学校閉校
4月
旭川赤十字居宅介護支援事業所閉鎖
10月
臨床研修指定病院承認
2004(H16)年
3月
皮膚科廃止
5月
地域医療支援病院に承認される
2005(H17)年
1月
入院時医学管理加算施設基準承認
4月
医療安全管理室設置
5月
電子カルテ導入
2006(H18)年
1月
歯科医師臨床研修指定病院承認
4月
感染対策室設置、
一般病棟入院基本料7対1入院基本料
5月
(財)日本医療機能評価機構の定める認定基準(一般病院Ver.5.0)認定更新
6月
DPC導入
2007(H19)年
2月
新棟(病棟、救命救急センター)増改築工事着工
一般587床 精神70床に変更
2008(H20)年
11月
新館完成
一般560床に変更
2009(H21)年
3月
精神40床に変更
9月
道北ドクターヘリ運航調整委員会設置
10月
道北ドクターヘリ運航開始
12月
道北ドクターヘリ格納庫竣工
2010(H22)年
1月
増改築工事竣工
10月
皮膚科新設
2011(H23)年
1月
(財)日本医療機能評価機構の定める認定基準(一般病院Ver.6.0)認定更新
2013(H25)年
2月
消化器外科新設
4月
北海道がん診療連携指定病院の指定を受ける
4月
栄養サポートチーム加算 施設基準承認
7月
病棟薬剤師業務実施加算 施設基準承認
11月
入院支援センター開設
2014(H26)年
4月
許可病床数変更 586床(一般546床 精神40床)
4月
がんサロン「ハートクロス」開設
8月
卒後臨床研修評価機構認定
2015(H27)年
4月
許可病床数変更554床  (一般514床 精神40床)
11月
医療被ばく低減施設認定
2016(H28)年
1月
日本医療機能評価機構の定める認定基準(一般病院・3rdG:Ver.1.1)認定更新
4月
教育研修センターを設置
2017(H29)年
4月
許可病床数変更520床  (一般480床 精神40床)
5月
日本救急撮影技師認定機構指定実地研修施設認定
2018(H30)年
2月
ISO15189認定
2月
特定行為研修指定研修機関指定
4月
呼吸器外科新設
4月
入退院支援室を設置
2020(R2)年
4月
デジタル推進室の設置

トップへ戻る