看護部のご案内

看護部のご紹介

看護部のご紹介

副院長兼看護部長挨拶

副院長兼看護部長 平岡 康子

  日本赤十字社は、医療や災害救護などの「いのちを救う」活動をおこなっています。災害時における救護活動は、赤十字病院の大きな使命であり、医師、看護師らによる救護班を派遣する救護活動体制を整えています。
  当院は、救命救急センター、道北ドクターヘリの基地病院として、質の高い急性期看護の提供に努めています。また、急性期のみならず、がん看護や慢性期疾患看護、退院支援・訪問ステーションによる在宅支援にも力を注いでいます。認知症看護の普及には、認定看護師や老人看護専門看護師が中心となり活動を展開しています。
  看護師がいきいきとした看護を実践できるようキャリア開発ラダーシステムによる継続した教育の充実や専門看護師、認定看護師による専門性の高いケアを学べる機会を多く設けております。
  多職種で患者様、ご家族の最良を目指し、私たちはチームの一員として、学び、看護を語り、認め助け合う組織風土作りとともに、日々の看護実践を大切にしております。

看護部の理念と方針

理念

赤十字理念(人道)に基づき、看護部職員が専門職業人として質の高い、且つ効率的な看護サービスを提供する。

方針

  • 看護倫理を理解し、患者の尊厳を守り、権利を保証する。
  • 急性期医療を担う病院として、安全・安心な看護の提供を目指す。
  • 医療・看護の情報提供につとめ、患者参加型の看護を目指す。
  • チーム医療を通して看護サービスの向上を図り、患者満足と職員満足向上を目指す。
  • 患者を生活者として捉え、ニーズに応じた継続看護の充実を図る。
  • キャリア開発ラダーシステムを活用して看護実践能力を高め、専門職として自律を目指す。
  • 赤十字の看護部職員として赤十字事業を理解し、その協力・推進にあたる。
  • 看護部職員一人ひとりが費用対効果の意識をもち、病院の健全・円滑な運営に寄与する。

看護部の組織と機能

医療看護支援ピクトグラムの導入

※医療看護支援ピクトグラムに関することは、『ベッドまわりのサインづくり研究会』にお問い合わせください。
http://iryoupict.com/

スタッフの声

トップへ戻る