旭川赤十字保育園保育士募集

旭川赤十字保育園保育士募集

旭川赤十字保育園について

当園は病院で働く看護師の、子育てサポートのための保育園です。
父・母である看護師が安心して預けられる保育園を目指しています。

概要

事業開始:昭和44年

設置主体:旭川赤十字病院

設置者  :旭川赤十字病院 院長 牧野憲一

園児定員:60名  
 
開所時間:全日(年末年始・GWは休園) 
     7:10-20:00(夜勤時は親の勤務終了まで)

保育理念

  • 園児が健やかにのびのびと育つための保育環境づくりに努め、深い愛情を持って保育を行う。
  • 保育士が自己の人間性と感性を磨き、専門的知識を深めて保育に専念する。

当園の目指す保育園

  • 預ける保育園から育てる保育園
  • 園児の個性を大切にする保育園
  • 父母との相互理解をするため信頼と共感の得られる保育園
  • 規律と調和の上に立って協力と和を大切にする保育園

当園の特色

  • 旭川赤十字病院の院内保育園
  • クラス別保育、担任制の実施
  • 少人数のため、ゆとりを持ち丁寧に保育
  • 保育士は日本赤十字社&病院の職員(医療従事者)
  • 認可外保育施設指導監督基準を満たしている施設

クラス別保育について

2021.11.01現在

クラス名 年齢 園児数 担任保育士 副担任保育士
ひよこ組  0歳児 3名 1名  
ちゅうりっぷ組 1歳児 9名 1名 1名
さくら組 2歳児 6名 1名 1名
たんぽぽ組 3歳児 5名 1名  
ひまわり組 4歳児(年中) 6名 1名  
5歳児(年長) 7名 

保育士について

職員数

2021.11.01現在

職 種人 数
園長(看護師) 1名
保育係長 1名
保育士 8名
保育補助者(子育て支援員研修修了者) 1名
合  計11名

勤務時間(交代制・夜勤あり)

① 7:10~15:45(早出)
② 8:25~17:00(日勤)
③ 9:50~18:25(遅出)
④16:55~25:30(準夜)
⑤23:50~ 8:25(深夜)
 ※準夜・深夜については月に2~3回程度お願いすることがあります。
・休日・休暇:年次有給休暇・介護休暇・育児休暇・生理休暇

研修実績

1人年1回は必ず研修会に参加し保育の知識を高めます。
また、赤十字の職員として、院内・院外で開催される様々な研修会に参加することができます。
【主な研修会】  
・乳児保育オンライン研修会Ⅰ
・中堅保育士オンライン研修会
・旭川市子育て支援員研修会 
・病院研修
・赤十字幼児安全法
・院内感染対策研修会
・医療安全対策研修会

福利厚生

・社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)
・職員互助会制度(クラブ活動、旅行会、忘年会 等)
・育児短時間勤務制度
・ローソン・タリーズ
・職員レストラン(花つづじ)
・マイカー通勤可(職員駐車場あり)
※他にも様々な福利厚生があります。

保育士の1日(例・日勤)

7:10 園児当園
➡保護者の出勤時間に合わせて順次当園してきます。
  早出の保育士が園児を出迎えます。

8:25 出勤

➡エプロン・ポロシャツ・ズボンは入社時貸与します。

8:30 朝の会
➡クラスごとに分かれて、出欠状況を確認します。

9:00 設定保育

➡制作やお散歩等を行います。

11:30 給食

➡給食介助の様子です。
 当園の給食は外部業者にお願いしています。

12:30 歯磨き・絵本

13:00 午睡

14:00 ミーティング

➡園児の様子や研修会の報告等を行います。

15:30 おやつ

16:00 自由遊び

17:00 園児降園・勤務終了

年間行事など

 保育士の業務園行事
 4月入社式・新入職員研修会
クラス保育
 
 5月早出・遅出業務開始春の遠足・小児検診
 6月休日勤務開始運動会
 7月夜勤試行プール遊び
 8月クラス担任業務の試行(1週間程度)
行事の担当補助
プール遊び・七夕夏祭り会・お泊り会
 9月ピアノ担当参観日
10月 社会見学
11月 お遊戯会
12月 クリスマス会・小児検診
 1月 遠足(旭山動物園)
 2月 節分会
 3月担任業務の実施ひな祭り会・お別れ会・卒園式
七夕夏祭り会

参観日
お誕生会
クリスマス会

先輩保育士の声

社会人1年目から当園に入職し、今年で5年目になります。シフト制で色々な勤務がありますが、先輩保育士が一つ一つ丁寧に教えてくれます。福利厚生も整っていて、週に2日休みもある為、安心して働ける環境です。

(札幌大谷大学短期大学部出身 K・M)

入職15年目になります。子育て中のため他の保育士のフォローをいただき楽しく勤務しています。常に笑顔で前向きに、目の前の子ども達や保護者の方々と向き合うことを大切にしています。これからも子供たちの成長を守り、サポートしていこうと思います。

(旭川大学短期大学部出身 Y・U)

募集要項

トップへ戻る