クリニカル・インディケーター

クリニカル・インディケーター

クリニカル・インディケーター

Ⅰ 医療の質に関するもの

Ⅱ 病院の運営に関するもの

Ⅲ 職員に関するもの

Ⅰ 医療の質に関するもの

旭川赤十字病院における医療の質とクリニカルインディケーターについての考え方

医療の質が高いとはどのような医療を指すのであろうか?他の医療機関では直すことの出来ない疾患を治療できることは医療の質の高さの一つである。しかし、そのような疾患は多くはないし、病院内において行われる医療の一部にすぎない。病院の医療を考えるときには、病院全体の医療の質を論じる必要がある。この観点から考えたとき、私たちは質の高い医療を“患者の正当な期待に答えられる医療”と定義しました。すなわち、

治るべき疾患が確実に治って帰ることが出来る医療

•         入院後に不要な感染症を起こさない

•         医療に起因する合併症を起こさない

これが、質の高い医療の基本であると考えます。これを基にして、旭川赤十字病院の医療の質に関するクリニカルインディケーターを決めました。

クリニカルインディケーターを考えるとき、一般的には結果(outcome)、過程(process)、構造(structure)が評価項目として取り上げられます。医療の質を評価するクリニカルインディケーターは本来outcomeが適切ですがが、評価に値するデータを取ることが必ずしも容易ではないことからそのoutcomeを出すことに必要なprocessのみを取り上げてクリニカルインディケーターとすることもあります。しかし、旭川赤十字病院ではoutcomeにこだわり、outcomeとそのoutcomeを出すことに必要なprocessの両方をクリニカルインディケーターとしました。さらに、processが最終的にoutcomeに結びつくかどうかの検証も併せて行うこととしています。

▲ページの先頭へ戻る

Ⅱ 病院の運営に関するもの

病院の運営に関するクリニカルインディケーターは、多くの医療機関が病院運営の指標としてデータを取っている事項を項目として取り上げています。

  1. 病床利用率
  2. 新入院患者数
  3. 平均在院日数
  4. 退院患者数
  5. 死亡退院患者数
  6. 外来患者数(1日平均)
  7. 紹介件数及び紹介率
  8. 逆紹介件数及び逆紹介率
  9. 救急車搬入台数、ドクターヘリ患者受け入れ件数、ERからの入院患者数
  10. 手術件数(手術室)及び手術件数(全身麻酔)、カテーテル手術、内視鏡手術

▲ページの先頭へ戻る

Ⅲ 職員に関するもの

  1. 職員の健診受診率
  2. 職員の喫煙率
  3. 職員のインフルエンザ予防接種率
  4. 職員離職率・看護師の離職率
  5. 旭川赤十字病院における女性の活躍に関する情報